【演劇お仕事図鑑】演劇のお仕事って?〜映像クリエイター編〜

お仕事図鑑

「演劇の世界に興味はあるけど、どんな仕事があるのか知りたい。」

「映像クリエイターになりたいけど、どうやってなればいいのかわからない。」

あなたは今そうお考えではありませんか。

この記事を読めば、具体的な映像クリエイターの仕事や映像クリエイターになるためにはどうすればいいかがわかります。

漠然と映像クリエイターという仕事に憧れるのではなく、細かい仕事内容ややりがいを知ることで、正しい知識を得たり、さらに映像クリエイターになりたいと強く思えますよね。

映像クリエイターのことを深く理解して、理想の将来像に近付けるように、この記事がお役に立てば幸いです。

映像クリエイターの仕事ってなに?


映像クリエイターとは、映像制作のスペシャリストとして、様々な映像を制作するのが仕事です。

映像制作専門の企業で働いたり、フリーランスでも働けるので、活躍の幅が広がりやすい職種と言えるでしょう。

また、現代社会では豊富な動画コンテンツの需要があるため、今後も伸びしろに期待できる業界とも言えます。

映像クリエイターのやりがいや楽しさって?

映像で表現できる

芸術には様々な表現方法があります。

そのなかでも映像は、美しい映像を使って人を感動させたり、楽しい映像で笑いを共有したり、悲しい映像で人々の心に訴えかけたりと様々な感情や表現をすることができます。

映像というものはそのくらい、非常にメッセージを伝えやすい媒体と言えます。

チームでやりきる達成感

俳優さんや、関わる全ての人たちがやりきった感で、喜んでいる姿を見ることができた時に、達成感や、やってよかった!と心から感じます。

この仕事が好きだと思える瞬間です。

演劇は一期一会で、同じ環境下であったしても2度と同じものは見ることができません。

その一期一会を楽しむことができる世界だと思います。

その、貴重な瞬間を作り出すことができる仕事が演劇の世界にはあります。

映像クリエイターになるためにはどうすればいいの?


映像クリエイターになる人は、どうやってなっているのでしょうか??

映像クリエイターになるためには、基本的に専門学校や大学で映像制作を学んだ後、映像制作専門の企業や広告代理店に入社します。

専門学校や大学で学ぶ

映像クリエイターになるためには、専門学校や大学で映像制作の基礎から学ぶことができます。

専門学校や大学で映像制作を学ぶことのメリットとしては、学校卒業後に就職した際、即戦力として採用されやすいことです。

就職先によっては、学歴を重視しないところもありますが、専門的な知識を身に着けることは、仕事をする上で必要な前提知識でもあるので自分にとっても非常にメリットがあると言えるでしょう。

映像クリエイターに向いているのはどんな人?

技術的な勉強が継続できる人

常に映像に関わる仕事ですから、やはり映像関係に興味がある人の方がアイデアや知識が豊富にあります。

さらに映像クリエイターは、撮影する機材や編集ソフトなども扱えなければならず、技術は日々進歩していっています。

そのため、技術的な勉強が苦でない人や、新しい技術を使って映像を作りたい人に向いていると言えます。

センス・想像力がある人

映像クリエイターには、美的センスや個性的な発想ができる素養が必要です。

生まれ持った「人にはない発想」や、「奇抜なセンス」は映像クリエイターに向いていると言えます。

また、その感じたアイデアを形にできる人が映像クリエイターに向いていると言えるでしょう。

観客に感動や喜びを与えたい人

映像クリエイターは、「感動」や「喜び」だけでなく、「面白さ」や「悲しみ」をを感じてもらうのが全体の仕事と言えます。

ただ自分が好きな映像を作るだけでは、観客に何かを感じてもらうことはできません。

そのため、一人一人の作品を見た人に何かしらの影響を与えたい人や、何かを伝えたい人に、非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。

まとめ

映像クリエイターとは、映像制作のスペシャリストとして、様々な映像を制作するのが仕事です。

美しい映像を使って人を感動させたり、楽しい映像で笑いを共有したり、悲しい映像で人々の心に訴えかけたりと様々な感情や表現を多くの人に見てもらえる仕事で、やりがいも感じられます。

今回紹介した記事を参考に、是非みなさんが希望する進路や就職を目指していきましょう。

コメント