【演劇お仕事図鑑】演劇のお仕事って?〜イベントプランナー編〜

お仕事図鑑

「演劇の世界に興味はあるけど、どんな仕事があるのか知りたい。」

「イベントプランナーになりたいけど、どうやってなればいいのかわからない。」

あなたは今そうお考えではありませんか。

この記事を読めば、具体的なイベントプランナーの仕事やイベントプランナーになるためにはどうすればいいかがわかります。

漠然とイベントプランナーという仕事に憧れるのではなく、細かい仕事内容ややりがいを知ることで、正しい知識を得たり、さらにイベントプランナーになりたいと強く思えますよね。

イベントプランナーのことを深く理解して、理想の将来像に近付けるように、この記事がお役に立てば幸いです。

イベントプランナーの仕事ってなに?


イベントプランナーとは、各種展示会、セミナー、コンサート、などのさまざまなイベントを企画・準備・運営するのが仕事です。

音楽イベント、スポーツイベント、ブライダルイベントなど様々な種類のイベントプランナーがあるため、仕事の内容が一概に言えないのもポイントです。

イベントを開催する目的に応じた、一連の業務をクライアントと相談しながらイベントが成功するよう導くのが主な仕事と言えます。

イベントプランナーのやりがいや楽しさって?

自分が企画したイベントの満足してもらえた時

イベントプランナーにはそれぞれの感性やセンスが重要な仕事となります。

自分が手がけたイベントにおいて、お客様やクライアントが感動したり、思い通りのイベントが実施できたときにやりがいや楽しさを感じられます。

また自分がイベントにかけた想いもモノにして表現することができるのもイベントプランナーのやりがいと言えるでしょう。

チームでやりきる達成感

俳優さんや、関わる全ての人たちがやりきった感で、喜んでいる姿を見ることができた時に、達成感や、やってよかった!と心から感じます。

この仕事が好きだと思える瞬間です。

演劇は一期一会で、同じ環境下であったしても2度と同じものは見ることができません。

その一期一会を楽しむことができる世界だと思います。

その、貴重な瞬間を作り出すことができる仕事が演劇の世界にはあります。

イベントプランナーになるためにはどうすればいいの?


イベントプランナーになる人は、どうやってなっているのでしょうか??

イベントプランナーになるためには、就職先によって異なりますが、広告代理店やイベント企画会社に就職するには「大卒以上」の学歴が必要なことが多いと言われています。

舞台関係のイベントプランナーになるためには、舞台を手がける広告代理店やイベント企画会社に就職するのが一番の近道と言えるでしょう。

広告代理店やイベント企画会社に入社する

イベントプランナーになるためには、広告代理店やイベント企画会社に就職するのが王道のパターンと言えます。

舞台関係のイベントプランナーになるためには、舞台を手がける広告代理店やイベント企画会社に就職するのが一番の近道と言えるでしょう。

正社員・アルバイトなど様々な雇用形態があるので、自分にあった働き方も見つけやすいと思います。

広告代理店やイベント企画会社ごとに採用活動を行なっていますので、ここで働きたいと思える職場探しから始めてみてはいかがでしょうか。

イベントプランナーに向いているのはどんな人?

演技が好きな人

常に舞台・演技に関わる仕事ですから、やはり演技や舞台に興味がある人の方がアイデアや知識が豊富にあります。

舞台の勉強の一環として、舞台鑑賞に行ったり、他の劇団はどんな取り組みをしているか積極的に調べられる方が向いているでしょう。

舞台に携われる仕事でもあり、舞台を成功させる上でかかせない存在です。

発想力・実行力がある人

イベントプランナーはさまざまなイベントを企画・準備・運営します。

そのため、業務は多岐に渡るためイベントに関する斬新なアイデアや企画力が試されます。

また、発想力だけでなく、企画を実行する必要なので実行力も兼ね備えている人材が向いていると言えるでしょう。

お客様に感動や喜びを与えたい人

舞台は、「感動」や「喜び」を感じてもらうのが全体の仕事と言えます。

イベントプランナーは、お客さんに「感動」や「喜び」を感じてもらうのが目的でイベントを企画します。

そのため、一人一人のお客様に感動や喜びを与えたい人には、非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。

まとめ

イベントプランナーとは、各種展示会、セミナー、コンサート、などのさまざまなイベントを企画・準備・運営するのが仕事です。

人を感動させたり、自分が携わった作品を劇中たくさんの人に見てもらえる仕事で、やりがいも感じられます。

今回紹介した記事を参考に、是非みなさんが希望する進路や就職を目指していきましょう。

コメント