【演劇お仕事図鑑】演劇のお仕事って?〜芸能マネージャー編〜

お仕事図鑑

「芸能界の世界に興味はあるけど、どんな仕事があるのか知りたい。」

「芸能マネージャーになりたいけど、どうやってなればいいのかわからない。」

あなたは今そうお考えではありませんか。

この記事を読めば、具体的な芸能マネージャーの仕事や芸能マネージャーになるためにはどうすればいいかがわかります。

漠然と芸能マネージャーという仕事に憧れるのではなく、細かい仕事内容ややりがいを知ることで、正しい知識を得たり、さらに芸能マネージャーになりたいと強く思えますよね。

芸能マネージャーのことを深く理解して、理想の将来像に近付けるように、この記事がお役に立てば幸いです。

芸能マネージャーの仕事ってなに?

芸能マネージャーとは、芸能プロダクションやタレント事務所に所属している俳優やタレント・歌手などの芸能活動がスムーズに運ぶようサポートするのが仕事です。

主な仕事は、担当している芸能人のスケジュール管理やメディアへの出演交渉、担当芸能人を売り込む宣伝活動などです。

一人で複数の芸能人のマネジメントをすることも多く、不規則な生活で体力が必要な仕事と言えます。

ただ、担当した芸能人の人気が出たり、世間から認知された時にはこの上ないやりがいや達成感を感じられます。

芸能マネージャーのやりがいや楽しさって?

担当した芸能人が成功した時の喜び

担当した芸能人の人気が出たり、世間から認知された時にはこの上ないやりがいや達成感を感じられます。

まだ売れ出していない駆け出しの頃から担当した芸能人が一人前になるまでに育て上げるのもマネージャーの仕事です。

こういった人を成長させる喜びや人が成功したことに喜びを感じられる人には向いている仕事と言えます。

様々な人に関われる

芸能界は一般社会とはかけ離れた世界です。

日常生活では会えない人やステージの裏側で仕事をするので様々な業種・業界の方と関わらなければなりません。

そういった意味で、様々な人と出会うのが好きな人や毎日新しい出会いが欲しい人に向いている仕事と言えます。

芸能マネージャーになるためにはどうすればいいの?


芸能マネージャーになる人は、どうやってなっているのでしょうか??

芸能マネージャーになるためには、基本的に芸能プロダクションや芸能事務所に入社します。

大学卒業後就職する

芸能マネージャーになるためには、大半の方が基本的に芸能プロダクションや芸能事務所に所属しています。

そのため、芸能マネージャーになるには、プロダクションや事務所の採用試験を受けて入社するのが一般的です。

必要な学歴はこれだと明確には決められていないので、気になるプロダクションや事務所の募集要項を調べてみると良いでしょう。

ただ、芸能マネージャーになるには、学歴も必要ですがそれ以上に熱意がないと続かない仕事です。

そのため、忙しく不規則な生活が続いても芸能人をマネジメントし続けなければならないため、「体力」と「メンタル」が非常に重要になってきます。

養成学校に入学する

一般の高校や専門学校、大学を卒業後、マネージャー養成コースの学校に入学して芸能マネージャーを目指すこともできます。

学校内には、プロダクションと繋がりやコネクションを持っている人もいるので、思わぬところでプロダクションと繋がれることもあります。

また、就職面でも心強いサポートがあるので、就職のし易さは上がると言えます。

芸能マネージャーに向いているのはどんな人?

人を楽しませることが好きな人

芸能マネージャーが直接視聴者や観客に関わることはありませんが、自分が担当している芸能人が直接視聴者や観客を楽しませることが好きな方に向いていると言えます。

マネージャーは常に自分が担当している芸能人の向こうにいるファンや視聴者・観客のことを考え、行動する必要があります。

周りから頼りにされることが好きな人

芸能マネージャーは、自分が担当する芸能人を常に引っ張っていく存在でなければなりません。

ですからこれまで周りから頼りにされてきた経験やリーダーシップを取ってきた経験を生かせるのは芸能マネージャーでしょう。

また、現場やスタッフの方から、様々な依頼や要望を受けることがあり、それに応えていくのも芸能マネージャーの仕事です。

自分が担当する芸能人から何かと頼りにされることが多いため、責任感のある人や人を引っ張っていける力があると良いでしょう。

まとめ

芸能マネージャーとは、芸能プロダクションやタレント事務所に所属している俳優やタレント・歌手などの芸能活動がスムーズに運ぶようサポートするのが仕事です。

人を感動させたり、自分がマネジメントした芸能人の活躍をたくさんの人に見てもらえる仕事で、やりがいも感じられます。

今回紹介した記事を参考に、是非みなさんが希望する進路や就職を目指していきましょう。

コメント