【演劇お仕事図鑑】演劇のお仕事って?〜演奏家編〜

お仕事図鑑

「演劇の世界に興味はあるけど、どんな仕事があるのか知りたい。」

「演奏家になりたいけど、どうやってなればいいのかわからない。」

あなたは今そうお考えではありませんか。

この記事を読めば、具体的な演奏家の仕事や演奏家になるためにはどうすればいいかがわかります。

漠然と演奏家という仕事に憧れるのではなく、細かい仕事内容ややりがいを知ることで、正しい知識を得たり、さらに演奏家になりたいと強く思えますよね。

演奏家のことを深く理解して、理想の将来像に近付けるように、この記事がお役に立てば幸いです。

演奏家ってなに?


演奏家とは、ピアノやヴァイオリンなどの楽器を演奏する仕事です。

舞台ではストーリーや脚本に沿った音楽や表現を行います。

劇団によっては、稽古時の伴奏、楽譜作成なども行うことがあるため、幅広く音楽に携わることができます。

演奏家のやりがいや楽しさって?

音楽で人の心を動かす・感動を与える

音楽は、人の心を動かせる芸術です。

演奏家・音楽家にとって一番やりがいを感じるときは、何と言っても舞台終了後・演奏後にお客様から拍手や完成を受けた時です。

「自分の音楽が伝わっている」「感動をありがとう」をダイレクトに感じられるのが、この仕事の大きなやりがいです。

実力を評価してもらえる

演奏家は、れっきとした実力社会です。

確かなテクニックや音楽表現が、評価されます。

厳しいレッスンを受け、日々鍛錬しなければ、演奏家の道は開けません。

しかし苦労した分、舞台での演奏やコンクールで優勝した時の喜びは、何にも変えられないものです。

チームでやりきる達成感

俳優さんや、関わる全ての人たちがやりきった感で、喜んでいる姿を見ることができた時に、達成感や、やってよかった!と心から感じます。

この仕事が好きだと思える瞬間です。

演劇は一期一会で、同じ環境下であったしても2度と同じものは見ることができません。

その一期一会を楽しむことができる世界だと思います。

その、貴重な瞬間を作り出すことができる仕事が演劇の世界にはあります。

演奏家になるためにはどうすればいいの?


演奏家になる人は、どうやってなっているのでしょうか??

演奏家になるためには、絶対的に必要な資格や学歴はありません。

先ほども解説した通り、音楽の世界は基本的に厳しい実力社会です。

そのため、才能に恵まれていたり、有名な音楽家の元で指導を受けるなどして成功されることが多いです。

しかし、音楽の世界は非常に狭き門です。

日々努力を積んでいても、音楽だけで食べていけるのはほんのわずかの人です。

そのため、学校へ通ったり、海外へ留学し知識や学歴を取得することも、将来のことを考えると有効であると思います。

音楽を学べる専門学校に入る

演奏家になる人は、幼少期から音楽の個人レッスンを受け、高校卒業後に音楽大学や専門学校、または一般大学に入学することが多いです。

音大に入学するにも、倍率が高いことが多く、試験内容も音楽の知識を問われたり、実技試験もあるため、全くの素人がいきなり受験し合格することは難しいと言われています。

そのため、音大へ入学できるのは幼少期から音楽に関わっている人が多いと言われています。

個人レッスンを受ける

演奏家として成功するためには、どれだけ有名な指導者と出会えるかも重要です。

もちろん自身の努力は必須ですが、素晴らしい指導者のレッスンを受けることで、音楽表現に幅が出たり、深みを加えることができます。

さらに指導者の推薦や人脈を生かせることもあるため、信頼できる指導者探しも重要になってきます。

演奏家に向いているのはどんな人?

音楽が誰よりも好きという自信がある人

演奏家は、幼少期から音楽と向き合わなければなりません。

毎日音楽以外のことはできない日もありますし、幼少期などは友達と遊びたくても遊べないなど、辛いこともたくさんあります。

そのため、まず音楽に情熱を注げる人・音楽を何よりも優先できる人でないと演奏家になることは不可能でしょう。

ストイックな人

演奏家は、鍛錬を重ねて自分の表現力や技術を磨きます。

練習した時間が上達に比例するとも言われる音楽の世界では、たくさん練習しなければならないこともあります。

そのため、常に向上心を持ち、妥協しない人こそが演奏家の人間像にふさわしいと思います。

センスがある人

芸術に関わる人やアーティストはセンスや独特の感性が必要です。

感性やセンスは、持って生まれたものが多々ありますが、それだけではありません。

良い指導者と出会うことでもセンスは磨くことができます。

まずは自分のセンスが発揮できる環境や発揮できる方法を探してみましょう。

まとめ

演奏家とは、ピアノやヴァイオリンなどの楽器を演奏する仕事です。

人を感動させたり、自分や楽団が奏でる音楽を劇中たくさんの人に聴いてもらえる仕事で、やりがいも感じられます。

今回紹介した記事を参考に、是非みなさんが希望する進路や就職を目指していきましょう。

コメント