【演劇お仕事図鑑】演劇のお仕事って?〜オペラ歌手編〜

お仕事図鑑

「演劇の世界に興味はあるけど、どんな仕事があるのか知りたい。」

「オペラ歌手になりたいけど、どうやってなればいいのかわからない。」

あなたは今そうお考えではありませんか。

この記事を読めば、具体的なオペラ歌手の仕事やオペラ歌手になるためにはどうすればいいかがわかります。

漠然とオペラ歌手という仕事に憧れるのではなく、細かい仕事内容ややりがいを知ることで、正しい知識を得たり、さらにオペラ歌手になりたいと強く思えますよね。

オペラ歌手のことを深く理解して、理想の将来像に近付けるように、この記事がお役に立てば幸いです。

オペラ歌手の仕事ってなに?


オペラ歌手とは、オペラを演じるのが仕事です。

オペラとは、演劇と音楽によって構成される舞台のことを言います。

実際にオペラ歌手として生活していけるのはほんの一握りという厳しい世界です。

そのため毎日レッスンやトレーニングを続け、技術と表現力を磨き続ける努力や精神力が必要になります。

オペラ歌手のやりがいや楽しさって?

歌で表現できる

芸術には様々な表現方法があります。

そのなかでも歌は、自分の声を使って様々な感情や表現をすることができます。

ただ歌を歌うのではなく、表現を加えて歌うので、自分の感性やセンスを活かすことがやりがいに繋がります。

チームでやりきる達成感

俳優さんや、関わる全ての人たちがやりきった感で、喜んでいる姿を見ることができた時に、達成感や、やってよかった!と心から感じます。

この仕事が好きだと思える瞬間です。

演劇は一期一会で、同じ環境下であったしても2度と同じものは見ることができません。

その一期一会を楽しむことができる世界だと思います。

その、貴重な瞬間を作り出すことができる仕事が演劇の世界にはあります。

ステップアップも望める

オペラ歌手は自分が歌うだけでなく、人に声楽を教えたり、コーチとして起用されることもあります。

どんなオペラ歌手になるかは自分次第で、いくらでも道を切り開いていけるのも面白いポイントです。

オペラ歌手になるためにはどうすればいいの?


オペラ歌手になる人は、どうやってなっているのでしょうか??

オペラ歌手になるために必ず必要な資格や学歴はありません。

また、日本でオペラ歌手だけで生活するには、日本のオペラへの関心は低いことが理由で、かなり厳しい環境と言えます。

そのため、オペラ歌手として生活していきたい人はイタリアやドイツ・フランスなどで留学経験を積んだのち、イタリアやドイツ・フランスなどにある歌劇場との年単位契約を結ぶ方が多いと言われています。

音楽学校・専門学校や留学で学ぶ

オペラ歌手になるためには、音楽学校や声楽の専門学校・海外留学をすることで声楽の基礎から学ぶことができます。

日本でオペラ歌手として活躍できる人は限られていますから、優秀な師匠や先生と出会うことが上達への一歩でしょう。

留学の良い所としては、現地で世界最高峰のオペラ公演を観ることができ、リアルな体験が積めることと言えます。

オペラ歌手に向いているのはどんな人?

オペラが好きな人

常にオペラに関わる仕事ですから、やはりオペラに興味がある人の方がアイデアや知識が豊富にあります。

1日24時間オペラのことを考えることもあるでしょう。

歌や表現の仕方を上達させるために、努力や苦労をしてでも頑張りたいという強い気持ちを持っている方に向いていると思います。

自分の体をコントロールできる人

オペラ歌手は、声を使う仕事です。

そのため、風邪を引いたり、喉を潰さないように常日頃から体をコントロールしなければなりません。

自分の体調管理がしっかりでき、自分を甘やかすことがない人の方が、オペラ歌手に向いていると言えるでしょう。

お客様に感動や喜びを与えたい人

オペラ歌手は、「感動」や「喜び」を感じてもらうのが全体の仕事と言えます。

ただ自分が好きな歌を歌ったりするだけでは、プロのオペラ歌手とは言えません。

そのため、一人一人のお客様に感動や喜びを与えたい人には、非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。

まとめ

オペラ歌手とは、演劇と音楽によって構成される舞台で歌ったり演じるのが仕事です。

人を感動させたり、喜びを与えたり、多くの人に見てもらえる仕事で、やりがいも感じられます。

今回紹介した記事を参考に、是非みなさんが希望する進路や就職を目指していきましょう。

コメント