【演劇お仕事図鑑】演劇のお仕事って?〜パンフレットデザイン編〜

お仕事図鑑

「演劇の世界に興味はあるけど、どんな仕事があるのか知りたい。」

「舞台のパンフレットのデザインをやりたいけど、どうやってデザインできるようになればいいのかわからない。」

あなたは今そうお考えではありませんか。

この記事を読めば、具体的なパンフレットデザインの仕事やパンフレットデザインをするためにはどうすればいいかがわかります。

漠然とパンフレットデザインの仕事に憧れるのではなく、細かい仕事内容ややりがいを知ることで、正しい知識を得たり、さらにパンフレットデザインができるようになりたいと強く思えますよね。

パンフレットデザインの仕事のことを深く理解して、理想の将来像に近付けるように、この記事がお役に立てば幸いです。

パンフレットデザインってなに?


パンフレットデザインの仕事とは、一般的にグラフィックデザイナーと呼ばれることが多く、劇団ではパンフレットをデザインするのがメインの仕事です。

舞台ではパンフレットに使われるデザインを考案し、レイアウトや編集を行います。

画像や文字などを使って効果的に舞台・公演の解説・紹介できるのは、パンフレットなどが非常に重要になってきます。

パンフレットデザインに関わるやりがいや楽しさって?

言葉以外の表現ができる

グラフィックデザイナーは、言葉ではなく、ビジュアルやデザインそのもので勝負ができます。

あなたが持つセンスや感性とその感性を形にできる技術があれば、日本に限らず世界でも仕事ができる可能性が広がっているのが、グラフィックデザイナーの良いところと言えます。

作品が評価された時

デザインには正解はありません。

自分が持っている知識や技術を使って一つの作品を磨いていくことがグラフィックデザイナーの使命と言えます。

また、パンフレットの作成が完了して舞台監督や演出家・あるいはお客様から評価を受けた時に、大きなやりがいを感じられます。

チームでやりきる達成感

俳優さんや、関わる全ての人たちがやりきった感で、喜んでいる姿を見ることができた時に、達成感や、やってよかった!と心から感じます。

この仕事が好きだと思える瞬間です。

演劇は一期一会で、同じ環境下であったしても2度と同じものは見ることができません。

その一期一会を楽しむことができる世界だと思います。

その、貴重な瞬間を作り出すことができる仕事が演劇の世界にはあります。

パンフレットデザインを仕事にするためにはどうすればいいの?


パンフレットデザイン(グラフィックデザイナー)を仕事にするためには、皆さんどうやってなっているのでしょうか??

資格や学歴は必ずとも必要ではありませんが、デザインの基礎知識やグラフィックソフトが扱えるようになるために勉強しておくことが大切と言えます。

ですからパンフレットデザイン(グラフィックデザイナー)を仕事にしたい方の多くは、高校卒業後に芸術大学・短期大学または、専門学校に通うのが一般的と考えられています。

芸術大学・短期大学または専門学校に通う

パンフレットデザインを仕事にしている方(グラフィックデザイナー)には、芸術大学・短期大学または、専門学校出身の方も多くいます。

グラフィックデザインについて専門的に学べるため、基礎知識を得たり、就職しやすい環境は、グラフィックデザイナーを目指すのに良い環境と言えます。

資格・免許を取得

グラフィックデザイナーを目指す際に、取得しておくと就職に有利になったり、自分が持つスキルを証明できる資格や免許があります。

・アドビ認定エキスパート
・Photoshopクリエイター能力認定試験/Illustratorクリエイター能力認定試験
・DTPエキスパート認証試験
・DTP検定
・色彩検定

など・・・

いくらセンスがあっても、編集ソフトや基礎知識がないとグラフィックデザイナーとしては起用してもらうことが難しいですから、資格や免許の習得も進んで行いましょう。

パンフレットデザインに関われる就職先

パンフレットデザインに関わる仕事をするには、一番の近道としては、劇団の広報部門に入社したり、パンフレットのデザイン会社に就職するのが良いでしょう。

ただ、募集の数が少なかったり、求人が全くないこともあります。

その場合には、グラフィックデザイナーとして広告代理店、広告制作プロダクション、デザイン事務所、出版社に就職して経験を積んだ後で、劇団や舞台のパンフレットデザインに関われる劇団や会社に転職するのも一つの方法です。

転職の際に、今まで作ってきたデザイン集や作品集を見せて自己アピールできるのも、転職する場合の良い部分と言えます。

パンフレットデザインの仕事に向いているのはどんな人?

好奇心旺盛で勉強熱心な人

パンフレットデザインをする人(グラフィックデザイナー)は、流行のデザインを常に理解しておくことが必要です。

そのため、あらゆることに興味を持ったり、勉強熱心でないとアイデアは浮かびません。

日頃から勉強する癖を付けたり、全く知らない分野に首を突っ込むことに違和感のない人が向いていると言えます。

パソコンを扱うのが得意な人

パンフレットデザインをする人(グラフィックデザイナー)は、PhotoshopやIllustratorといった編集ソフトを使って仕事をします。

そのため、パソコンを扱うのが得意、あるいはソフトに関しても勉強が苦にならない方が向いていると言えます。

センス・想像力がある人

パンフレットデザインをする人(グラフィックデザイナー)には、美的センスや個性的な発想ができる素養が必要です。

生まれ持った「人にはない発想」や、「奇抜なセンス」はグラフィックデザイナーに向いていると言えます。

まとめ

パンフレットデザインの仕事とは、一般的にグラフィックデザイナーと呼ばれることが多く、劇団ではパンフレットをデザインするのがメインの仕事です。

人に作品を知ってもらえるきっかけを作る役目や、自分が携わった作品を劇中たくさんの人に見てもらえる仕事で、やりがいも感じられます。

今回紹介した記事を参考に、是非みなさんが希望する進路や就職を目指していきましょう。

コメント