【演劇お仕事図鑑】演劇のお仕事って?〜照明編〜

お仕事図鑑

「演劇の世界に興味はあるけど、どんな仕事があるのか知りたい。」

「照明さんになりたいけど、どうやってなればいいのかわからない。」

あなたは今そうお考えではありませんか。

この記事を読めば、具体的な照明家の仕事や照明さんになるためにはどうすればいいかがわかります。

漠然と照明家という仕事に憧れるのではなく、細かい仕事内容ややりがいを知ることで、正しい知識を得たり、さらに照明家になりたいと強く思えますよね。

照明家のことを深く理解して、理想の将来像に近付けるように、この記事がお役に立てば幸いです。

舞台裏の表現者

照明さんのお仕事って?


劇場の舞台って、作業用の蛍光灯があるだけで、他に明るくするものは基本的にはついていません。

それだけだと、演出家は何も表現できません。

そこで登場するのが照明家さんです。

見た目の良さを決めるのは、照明さんの力なんです!

照明さんはプランナーと言われる、光の表現者です。

シーンに合わせて、どんな照明をつけるのかプランを考えるというお仕事です。

演出家や舞台監督と打合せを重ねて、照明を使って演出を行います。

演出家の意図を汲み取り、表現する方法を考えるのがお仕事です。

本番までにプランを考えて、機材を扱うオペレーターとチームで仕事をします。

照明家のやりがいや楽しさって?


観客に感動を覚えてもらえることです。

作った照明がその世界を表現できた時や、ステージ立つ人たちが、自分が作った照明で際立った時に、楽しさを感じます。

出演者や演出家と一緒に舞台を作り上げることができ、光の表現者として、舞台を作り上げ、人に喜んでもらうことができることがやりがいや楽しさにつながります。

照明家になるためにはどうすればいいの?


照明スタッフになる為に特に絶対必要な資格はありませんが、持っていた方がいいものはあります。

照明技術者技能認定2級というという資格です。これを持っていることは、大変有利にもなりますし、取得にする為に照明全般の知識を学ぶことができるので、照明の仕事に就きたいと思ったらこの検定の勉強をし知識をつけておくことは照明の仕事をする上で、財産になると思います。

公益社団法人 日本照明家協会|平成28年度 舞台・テレビジョン照明のための 公開講座(地域講座)
公益社団法人日本照明家協会は、舞台・テレビの照明に従事している全国の照明家が個人として入会し、協会活動を通し照明家の連帯を図り、その目的・事業に参加しています。

照明さんになるために必要なことは、知識としては照明機材の使い方や色調や光の色彩についてなど、照明の作り方です。

これは、なりたいと思ったタイミングによって、いろいろな道筋があります。

まだ高校生以下で照明さんになりたいと思ったら、専門に学べる大学や専門学校に行くのがいいと思います。

すでに社会人で転職したいと思った場合は、照明会社に転職して、知識と経験を積んでいく人もいます。

持っていると優遇される資格もあります。
・第二種電気工事士免許
・一般社団法人照明学会「照明コンサルタント」
・一般社団法人照明学会「照明士」
・公益社団法人日本照明家協会「照明技術者技能認定2級」

照明家に向いているのはどんな人?

表現することが好きな人

光の表現者である照明さんは、演出家の意図を汲み取り表現します。

出演者や演出家と一緒に舞台を作り上げることができ、光の表現者として、舞台を作り上げ、人に喜んでもらうことができることがやりがいや楽しさにつながります。

また、どうしたら一番綺麗に見えるか、どうしたら演出家が表現したい世界ができるのかを考え、光の表現を考えるので、色に関する芸術的センスも必要とされます。

コミュニケーションを取るのが好きな人

チームでの仕事になるためコミュニケーションが大切になってきます。

また、絶対に一人ではできない仕事なので、チームでの仕事になります。

大人数で、一つのことを表現することで達成感を得られるので、チームで動くことが得意な人も向いていると言えます。

まとめ

照明家とは、舞台での照明の演出を担う重要な役割です。

人を感動させたり、世の中に名前を残せる非常に影響力のある仕事で、やりがいも感じられます。

今回紹介した記事を参考に、是非みなさんが希望する進路や就職を目指していきましょう。

コメント