【演劇お仕事図鑑】演劇のお仕事って?〜ステージフォトグラファー編〜

お仕事図鑑

「演劇の世界に興味はあるけど、どんな仕事があるのか知りたい。」

「ステージフォトグラファーになりたいけど、どうやってなればいいのかわからない。」

あなたは今そうお考えではありませんか。

この記事を読めば、具体的なステージフォトグラファーの仕事やステージフォトグラファーになるためにはどうすればいいかがわかります。

漠然とステージフォトグラファーという仕事に憧れるのではなく、細かい仕事内容ややりがいを知ることで、正しい知識を得たり、さらにステージフォトグラファーになりたいと強く思えますよね。

ステージフォトグラファーのことを深く理解して、理想の将来像に近付けるように、この記事がお役に立てば幸いです。

ステージフォトグラファーの仕事ってなに?


ステージフォトグラファーとは、舞台やステージ、ライブの写真を撮影する仕事です。

一言で言えば、「写真を撮ること」がフォトグラファーの仕事ですが、実際は何も考えずにシャッターを押せば良い仕事ではありません。

フォトグラファーは、自分が撮った写真がどんな目的で使われるのかを理解した写真を撮ることが本当の仕事と言えます。

そのため、カメラなどの機材の使い方や知識だけでなく、光の当て方や写真の構図など身につけて、様々な角度から伝えられる写真を取れる技術を身に付けることが必要になります。

ステージフォトグラファーのやりがいや楽しさって?

自分の写真が評価された時

写真には正解はありません。

自分が持っている知識や技術を使って一つの作品を作り上げていくことがフォトグラファーの使命と言えます。

また、全ての撮影が完了して舞台監督や演出家から評価を受けた時に、大きなやりがいを感じられます。

チームでやりきる達成感

俳優さんや、関わる全ての人たちがやりきった感で、喜んでいる姿を見ることができた時に、達成感や、やってよかった!と心から感じます。

この仕事が好きだと思える瞬間です。

演劇は一期一会で、同じ環境下であったしても2度と同じものは見ることができません。

その一期一会を楽しむことができる世界だと思います。

その、貴重な瞬間を作り出すことができる仕事が演劇の世界にはあります。

ステージフォトグラファーになるためにはどうすればいいの?


ステージフォトグラファーになる人は、どうやってなっているのでしょうか??

ステージフォトグラファーになるためには、絶対的に必要な資格や学歴はありません。なる方法も様々です。

美術系の大学や専門学校で基礎知識をつけてから、実務で経験を積んでいくことがスタンダートなルートとなります。

美術系大学や大学・短期大学に通う

フォトグラファーには、美術系大学や大学・短期大学出身の方も多くいます。

写真について専門的に学べるため、基礎知識を得たり、実践練習しやすい環境は、フォトグラファーを目指すのに良い環境と言えます。

スクール・専門学校に通う

フォトグラファーになるための専門学校は、やはりツテやコネクションできる機会があったりします。

業界と繋がっているので、直接仕事がもらえるチャンスや、業界人と繋がれるのも専門学校の良い部分です。

カメラマンアシスタントになる

カメラマンのアシスタントとして、実務経験を積むことで、カメラマンに必要な知識だけでなく技術も同時に身に付けることができます。

アシスタントとして、何年も勤務することで、のちに独立したり転職しやすい環境になるので、自分に合った現場で経験を積むのも良い方法と言えます。

ステージフォトグラファーに向いているのはどんな人?

写真が好きな人

一人前のカメラマンになるまでには、何年もの年月と努力が必要です。

そのため、それらを乗り越えるためには、何よりも写真が好きでないと乗り越えられないと思います。

さらに「好きこそ物の上手なれ」ということわざがあるように、どんなことであっても、人は好きなものに対しては熱心に努力するので、上達が早いということですから、写真を好きな人こそフォトグラファーになりやすいのではないでしょうか。

好奇心旺盛で勉強熱心な人

フォトグラファーは、様々なテーマの写真を撮らなければなりません。

そのため、あらゆることに興味を持ったり、勉強熱心でないとアイデアは浮かびません。

日頃から勉強する癖を付けたり、全く知らない分野に首を突っ込むことに違和感のない人が向いていると言えます。

約束が守れる人

フォトグラファーは、撮影スケジュールや〆切など約束をすることが多いです。

そのため、細かいことまでしっかりと把握できる約束が守れる人に向いていると言えます。

約束を守ることはクライアントや共演者からの信頼を得ることでもありますから、きちんと守りましょう。

まとめ

ステージフォトグラファーとは、舞台やステージ、ライブの写真を撮影する仕事です。

人を感動させたり、自分が携わった作品を劇中たくさんの人に見てもらえる仕事で、やりがいも感じられます。

今回紹介した記事を参考に、是非みなさんが希望する進路や就職を目指していきましょう。

コメント