【演劇お仕事図鑑】演劇のお仕事って?〜翻訳家編〜

お仕事図鑑

「演劇の世界に興味はあるけど、どんな仕事があるのか知りたい。」

「翻訳家になりたいけど、どうやってなればいいのかわからない。」

あなたは今そうお考えではありませんか。

この記事を読めば、具体的な翻訳家の仕事や翻訳家になるためにはどうすればいいかがわかります。

漠然と翻訳家という仕事に憧れるのではなく、細かい仕事内容ややりがいを知ることで、正しい知識を得たり、さらに翻訳家になりたいと強く思えますよね。

翻訳家のことを深く理解して、理想の将来像に近付けるように、この記事がお役に立てば幸いです。

翻訳家ってなに?


翻訳家とは、外国語の文章を日本語に訳す仕事です。

舞台では台本の翻訳や下訳、舞台の企画に携わることもあります。

もちろん一人ではなく、舞台監督や演出家と打ち合わせをしながら脚本を作ります。

近年では英語だけでなく、経済成長の著しい中国語など、新興国の翻訳なども増えているため英語に限らず、外国語が得意な方には面白い仕事だと思います。

翻訳家のやりがいや楽しさって?

言語の知識を活かせる

翻訳というと、機械的に辞書で言葉を調べて翻訳するイメージが強いのではないでしょうか。

実は舞台の翻訳家は、機械的ではないんです。

むしろ原文の言葉の背後にある文化や歴史を加味して翻訳しなければなりません。

さらには言葉に含まれる雰囲気や含み表現まで読み取らなければいけないこともあります。

そう言った意味で、外国語へ翻訳する能力だけでなく、日本語に関する高度な技術や知識も活かせます。

翻訳が評価された時

翻訳には正解はありません。

自分が持っている知識や技術を使って一つの作品を磨いていくことが翻訳家の使命と言えます。

また、全ての翻訳が完了して舞台監督や演出家から評価を受けた時に、大きなやりがいを感じられます。

チームでやりきる達成感

俳優さんや、関わる全ての人たちがやりきった感で、喜んでいる姿を見ることができた時に、達成感や、やってよかった!と心から感じます。

この仕事が好きだと思える瞬間です。

演劇は一期一会で、同じ環境下であったしても2度と同じものは見ることができません。

その一期一会を楽しむことができる世界だと思います。

その、貴重な瞬間を作り出すことができる仕事が演劇の世界にはあります。

翻訳家になるためにはどうすればいいの?


脚本家になる人は、どうやってなっているのでしょうか??

脚本家になるためには、絶対的に必要な資格や学歴はありません。

ただ、目安や有利になる資格として英語であれば英検1級、TOEICであれば900点以上の語学力が必要となります。

外国語系大学や大学・短期大学の外国語学科に通う

翻訳家には、外国語系大学や大学・短期大学の外国語学科出身の方も多くいます。

語学について専門的に学べるため、基礎知識を得たり、語学留学しやすい環境は、翻訳家を目指すのに良い環境と言えます。

翻訳スクール・翻訳専門学校に通う

翻訳家になるための専門学校は、やはりツテやコネクションできる機会があったりします。

翻訳業界と繋がっているので、直接仕事がもらえるチャンスや、業界人と繋がれるのも専門学校の良い部分です。

翻訳家に向いているのはどんな人?

好奇心旺盛で勉強熱心な人

翻訳家は、様々なストーリーの原文を翻訳しなければなりません。

そのため、あらゆることに興味を持ったり、勉強熱心でないとアイデアは浮かびません。

日頃から勉強する癖を付けたり、全く知らない分野に首を突っ込むことに違和感のない人が向いていると言えます。

集中力がある人

翻訳家は、何時間も集中して原文を翻訳しなければなりません。

さらに翻訳した文章が間違っていないか確認したり、何度も修正をかけて仕上げた翻訳でも、さらに修正を依頼されることもあります。

そのため、何時間も机に座って執筆活動ができる、長時間集中力を保てる人には翻訳家に向いていると言えます。

まとめ

翻訳家とは、外国語の文章を日本語に訳す仕事です。

人を感動させたり、自分が携わった作品を劇中たくさんの人に見てもらえる仕事で、やりがいも感じられます。

今回紹介した記事を参考に、是非みなさんが希望する進路や就職を目指していきましょう。

コメント