10代20代の演劇人の活動を応援するプロジェクト「Project RE:(プロジェクト アールイー)」始動

10代20代の演劇人の活動を応援する期間限定のプロジェクト「Project RE:(プロジェクト アールイー)/PRE:(略称)」は、黒澤世莉氏の呼びかけにより始まった、〈10代20代の演劇人の活動を応援するプロジェクト〉です。

演劇界が抱える様々な問題について、10代20代のメンバーが話し合いによって企画の発案を行い、それをもとに年齢の垣根を超えた「PRE:」参加者達で実現していくことを目指しています。

コロナ禍下で演劇活動が制限され、特に若手演劇人が活動を継続することが困難な状況にある中、黒澤から「10代20代演劇人のサポートを、いま影響力のある人間や組織が真剣に考えて行動しないと、2030年代の演劇が沈んでしまう。誰か一緒になにかしませんか。」と発信。それに呼応して、全国各地から様々な立場の人々が集まり、オンラインでのミーティングを重ねながら準備を進めてきました。
活動のテーマは「学び」「ネットワーキング」「駆け込み寺」「創作」「リサーチ」。この5つを柱に、プロジェクトの「主役」である10代20代の若手メンバーが発案した企画を、30代以上の演劇人で構成される「大人チーム」のアドバイスやサポートを受けながら実施していきます。想定している活動期間は2021年9月まで。「将来演劇関係の仕事に就く・就かないなどは問いません。今演劇に関わることをしたい人なら誰でも大歓迎です!」とし、若手メンバーからそれをサポートする大人チームまで、幅広い参加を呼び掛けています。世話人は黒澤世莉(演出家・脚本家・アクティングコーチ)と永滝陽子(株式会社ネビュラエンタープライズ)。

詳細は下記まで。

コメント

error: Content is protected !!