「演劇人コンクール2021」参加者募集!!

昨年、利賀から引き継ぐ形で、豊岡の地で新しくスタートした演劇人コンクール。
2021年も10月に江原河畔劇場にて、実施を予定しております。
参加にあたっての負担軽減とコロナ禍で影響を受けた団体・演劇人への支援の意味も含め、「書類審査(第一次審査)」を通過した団体には「30万円の舞台制作費補助」を事前に支払います。
「上演審査(第二次審査/作品上演による審査)」の賞金は最大で総額200万円。
その他、「豊岡演劇祭への参加」や「こまばアゴラ劇場での上演」等、受賞者への継続的な支援を予定しております。
尚、昨年度と比べ参加団体数が6団体に減る形となるため、コロナ禍の中で、より幅広く演劇人へ機会が提供できるよう、応募数や応募状況により若手やコンクール初参加となる方を優先する場合があります。
全国の演劇人の皆様からのご応募、お待ちしております。

* * * * *

【応募の条件】
過去に上演歴があり、今後演出家として継続的に活動していく意思のある者。
【応募・審査の流れ】
・書類審査(第一次審査) ※7月10日(土) 応募〆切
・上演審査(第二次審査/作品上演による審査) 最大6団体を予定
期間:10月19日(火)~23日(土)を予定。
(移動日を含む4泊5日を予定。上演日は10月21日(木)・22日(金)。)
場所:江原河畔劇場
【審査員】
平田オリザ(青年団主宰、こまばアゴラ劇場・江原河畔劇場芸術総監督、劇作家・演出家)
ほか、全体で5~6名を予定。
【賞】
・最優秀賞 100万円
・賞金総額 最大200万円(一部、賞品にて支給)

【課題戯曲】
A:『熊野』三島由紀夫
B:『命を弄ぶ男ふたり』岸田國士
C:『楽屋』清水邦夫
D:『胎内』三好十郎
E:『青い鳥』メーテルリンク
F:『白い病』カレル・チャペック

【応募方法】
詳細については、ホームページをご覧ください。
https://engekijin-concours.tumblr.com/

【お問い合わせ】
演劇人コンクール事務局 engekijin.concours@gmail.com

コメント

error: Content is protected !!