2020年3月グランドオープン PARCO劇場 REBORN!

演劇ニュース

株式会社パルコ エンタテインメント事業部は、2020年3月、渋谷PARCO(2019年11月下旬開業予定)の8階にPARCO劇場をグランドオープンすることを発表いたします。

旧劇場の458席から636席に客席数を増やし、舞台空間も大きく拡張して、PARCO劇場の第二幕が開演いたします。
まずは、こけら落とし公演としまして、2020年1月下旬から2月に、「志の輔らくご in PARCO 2020」と「ラヴ・レターズ」を上演。そして、2020年3月にグランドオープン、2021年5月上旬まで、14作品のオープニングシリーズ公演を予定しております。
つきましては、情報のご掲載や今後のご取材等をご検討くださいますようお願い申し上げます。
渋谷PARCO建替えに伴い、2016年夏一旦休館したPARCO劇場が、2020年、大きくなって帰ってきます。636席のオールS席のプレミアムシアター、新生PARCO劇場の誕生です。

旧PARCO劇場は、1973年渋谷PARCOの9階にオープン(当時の名称は西武劇場)以来、2016年までの43年間、プロデュース公演の先駆けとして、約1200作品を上演。数々の話題作を世に放ち、多くの観客に、そしてクリエーター、俳優に愛されてきました。芸術監督を置かず、劇場のプロデューサーがクリエーターや俳優と膝詰めで作品を創り上げ、お客様と共に成長してきた劇場でした。43年間培ったこのスピリットとDNAを引き継ぎつつ、創る側の創造性を刺激する豊かな舞台空間と、圧倒的に舞台に近い客席を両立した新生・PARCO劇場の幕が上がります。

国際観光都市としてますます活気を帯びる渋谷の中で、世界に向けてアピールできるプレミアムシアターとして、年間の公演を100%自主プロデュースし、360°の演劇ビジネスを展開する拠点となります。
ライヴ・エンタテインメント活況の現代にあって、演劇という体験を提供するPARCO劇場は、パルコの文化発信の核として、今後も輝き続けます。

■PARCO劇場 コンセプト
人生が変わる瞬間に出逢おう。
オールS席のプレミアムシアター。

636席という親密な空間で
現代日本トップクラスの作品のみならず、世界水準の舞台を目の当たりに。
クリエーターと俳優陣、そして観客のあなたが創り出す、二度とない瞬間。
それがPARCO劇場で過ごす時間。

客席イメージ

■PARCO劇場 新ロゴ

【ロゴコンセプト】
人々が集まり、出会う場としての温かさ、ひとところに留まらない軽やかさ、
何かが始まる期待感を詰め込んだ、クラフト感のあるデザイン。

【ファサードイメージ】
8階のエレベーターからPARCO劇場へのアプローチ

■PARCO劇場(渋谷PARCO7~9階)機構概要
親密さと機能性が共存する演劇専用の中劇場

【舞台機構】

クリエーターと俳優を刺激する創造空間。
よりダイナミックな演出が可能な劇場へと進化。

場内イメージ

ホワイエイメージ

【客席】
旧劇場の舞台と客席の距離感を継承し舞台と一体感のある
ワンスロープ・オールS席のプレミアムシアターを実現。
(最大視認距離21.4m・客席傾斜角17゜)

※最大視認距離=客席最後部から舞台先端までの長さ

図面・パース提供: 株式会社 竹中工務店

平面図

断面図

■こけら落し公演は2020年1月下旬~2月の「志の輔らくご in PARCO」と「ラヴ・レターズ」
「志の輔らくご in PARCO 2020」
1996年から20年間、2006年からは1ヶ月公演として旧PARCO劇場で上演を重ねてきた「志の輔らくご」。PARCO劇場とのコラボレーションであり、最もチケットの取りにくい公演でもありました。
グランドオープンに先立って、1月下旬より約1ヶ月間のこけら落し公演を行います。

「ラヴ・レターズ」
1990年から2018年までに480回の上演を重ねてきた朗読劇の金字塔。
青井陽治がはぐくみ育ててきた本作品を、新鋭・藤田俊太郎(演出)が引き継ぎ、新生・PARCO劇場でも上演を続けてまいります。2月の上演です。

■2020年3月グランドオープン。全14作品のオープニングシリーズ!!
2020年3月グランドオープン以降の作品をオープニングシリーズとし、2021年5月上旬まで14作品を上演します。2019年8月末にラインナップを発表予定です。

【今後のリリース・スケジュール】
・2019年8月末 「オープニングシリーズ」ラインナップ発表
・2019年11月下旬 新生・PARCO劇場 客席写真公開予定
・2020年1月中旬 舞台上にてオープニングシリーズ記者会見(クリエーター&キャスト)
新生・PARCO劇場披露

コメント