Stage Worksにできること その1 給付金などのご案内

演劇ニュース

新型コロナウイルス感染症の拡大防止によって活動停止を余儀なくされた舞台芸術に携わる出演者・クリエイター・スタッフの方々のお役に立つ情報をご提供していきたいと思います。

給付金や助成金のご案内

個人やフリーランスの方、個人事業主の方、また、企業の方などへ向けてのご案内です。

新型コロナウイルス感染症の経済への影響が拡大する中、各種イベントの中止などに伴うフリーランスの窮状にも目を向けられ始めています。

個人向け給付金・助成金・支援
特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)

出典・参考:総務省|特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)

対象者

  • 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者
  • 受給権者は、その者の属する世帯の世帯主

受給額

給付対象者1人につき10万円

実施主体

市区町村

受給方法

大きく2つあります

①郵送申請方式

②オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)

郵送方式は市区町村から受給権者宛てに郵送された申請書に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市区町村に郵送する

オンライン方式はマイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請する(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)

受給時期

市区町村において決定するとのことなので、住民基本台帳に記録がある市区町村のHPを確認してください。

 

持続化給付金の速報版
持続化給付金

フリーランスや個人事業主の方も保証される給付金です。

出典・参考:持続化給付金に関するお知らせ|経済産業省

対象者

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、 ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者。
  • 2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続 する意思がある事業者。
  • 法人の場合は、

①資本金の額又は出資の総額が10億円未満、又は、

②上記の定めがない場合、常時使用する従業員の数が2000人以下 である事業者。受給額

受給額

法人:200万円以内、個人事業者等:100万円以内の支給

詳細は下記のリンクからご確認ください。

<お知らせ(速報版)>
申請方法
概要説明
<申請要領>
生活福祉資金貸付制度
「新型コロナウイルスの影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯」は、「緊急小口資金」として20万円の融資を受けることができます。無利子で保証人も要りません(償還期限2年以内)

収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯」は、2人以上の場合月20万円、単身者は月15万円の「総合支援資金」を3ヵ月間貸してもらうことができます。こちらも無利子・保証人不要です(償還期限10年以内)。

問い合わせは、居住する市区町村の社会福祉協議会まで。

詳細は厚生労働省のHPよりご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/000621220.pdf
まとめ
今回はフリーランスや個人事業主でも利用できる給付金などの情報をお届けさせていただきました。
国が主導で「新型コロナ支援策」が設けられています。個人事業主、フリーランス向けにも利用できるものがありますので、まずはその中身を知り、仕事を継続するため、生活を送るために使えるものは使いましょう。

コメント

error: Content is protected !!