タクフェス第8弾『くちづけ』 全出演者発表

演劇ニュース

202010月上演となる、タクフェス第8くちづけの全出演者が発表された。
2010年の初演・2015年再演、そして今回と3度目の出演となる金田明夫をはじめ、前作に続きかとうかず子、柴田理恵、Moekaが同役にて出演することが決定した。また、新たに、小島藤子、松田るか、岸田タツヤ、倉田茉美、松村龍之介、若林元太、はるはる、北代祐太、そして斉木しげるという、実力派俳優陣からお笑い芸人まで、個性豊かな顔ぶれが揃った。

作・演出・出演の宅間孝行は、「五年に一度は発信していくべき芝居だと自負しております今作『くちづけ』。僕自身、年齢も年齢なので最後のやんになるかと思います。是非、その姿を劇場で見届けて頂けたら。そういう意味ではこのメンバーで『くちづけ』の決定をお届けしたい。こんな状況下では中々ご来場にも不安を抱くと思います。なので、来て頂くからには細心の注意と、万全の態勢でお待ちしております。みんな、苦しい時期だと思います。踏ん張りどころだと思います。何とか乗り越えていく上での心の栄養になればと思ってます」と意欲をあらわにした。

また、男の子と女の子がそっとくちづけする温かいイラストの公演ビジュアル第一弾も解禁。本イラストは、婚活サバイバル番組「THE BACHELOR JAPAN season2」の覇者であり、イラストレーターとして活躍する倉田茉美が手掛けた。本作にて演技初挑戦となる

宅間孝行の代表作の一つである『くちづけ』は、2010年の初演以来、演劇としてだけでなく、そのストーリーの社会的意義についても非常に高い評価を受け、2013年には堤幸彦監督によって映画化。2015年秋に「タクフェス第3弾」として上演した際には、実際に知的障がいのある女優、Moeka(町田萌香)を起用したことも話題となり、本作でも続投することが決まった。来る2020年10月、待望の再再演となる。

自立支援のためのグループホームを舞台に、知的障がい者とその家族の日常、地域の人々との交わりを通し、現実にある様々な問題を浮き彫りにした本作は、社会に対する問題提起そのものでありながら、全体をコミカルなトーンで描いたエンターテインメント作品。単なる社会派ドラマの枠を超え、観る者を笑いと涙の感動へと誘う。本当にあった出来事を元にした『優しくも切ない物語』をお届けする。

 タクフェス第8くちづけ公演は、 20201016()埼玉・飯能市市民会館(プレビュー)、20201023()25()愛知・刈谷市総合文化センターアイリス 大ホール、1029()118()東京・サンシャイン劇場、  1125()29()大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ にて上演

舞台の詳細は、公式HP http://takufes.jp/ にて随時公表予定。お楽しみに!

出演者/役名 

金田明夫  ・・・ 愛情いっぽん

小島藤子  ・・・ 阿波野マコ

松田るか  ・・・ 国村はるか

岸田タツヤ ・・・ 夏目ちゃん

倉田茉美 ・・・ 宇都宮智子

松村龍之介 ・・・ 酒巻くん

若林元太  ・・・ 島ちん

はるはる   ・・・ みなみ

北代祐太  ・・・ 頼さん

Moeka   ・・・ ちーちゃん

柴田理恵  ・・・ 袴田さん

かとうかず子 ・・・ 国村真理子

斉木しげる ・・・ 国村先生

宅間孝行  ・・・ うーやん

スタッフ

作・演出:宅間孝行

協力:テイクオフ

企画:タクフェス

製作:エイベックス・エンタテインメント

【HP】 http://takufes.jp/

【公式twitter】 @TAKU_FES_JAPAN

 

くちづけとは・・

<あらすじ>

天使のように純真なハートをもつマコはなぜ・・・

知的障がい者たちの自立支援のためのグループホーム『ひまわり荘』では、カラダは大人、心は純真な子供のままの人たちが、みんなで楽しく暮らしている。そんなホームにかつて大ヒット作品を1度だけ世に送り出した、漫画家の愛情いっぽんが娘のマコを連れて住み込みで働くことに・・・。

ひまわり荘の住人となった30歳のマコの心は純真な子供のまま。そんなマコの心の扉をあけたのは、ひときわ明るく元気なうーやんだった。

惹かれあった2人は、マコの誕生日であるクリスマスの日に”結婚しよう”と指きりを交わす。

そして約束の日、うーやんはひまわり荘の仲間と一緒にマコがやって来るのを待つが・・・

<タクフェス第3くちづけ2015年上演)>

2010年初演、2013年に堤幸彦監督の手によって映画化。

これは本当にあったお話をもとにした、「優しくも切ない物語」。知的障がい者たちの自立支援のためのグループホーム『ひまわり荘』では、カラダは大人、心は純真な子供のままの人たちが、みんなで楽しく暮らしていた。ある日、漫画家の愛情いっぽんが娘のマコを連れて住み込みで働くことに。そこでマコは住人の中でもひときわ明るく元気なうーやんに惹かれ2人は、マコの誕生日であるクリスマスの日に“結婚しよう”と指きりを交わす。

そして約束の日、ひまわり荘の仲間と一緒にマコがやって来るのを待つが・・・

<2015年版 舞台>

◆作・演出◆ 宅間孝行

◆出演◆ 金田明夫 森田涼花/大和田獏 かとうかず子/弓削智久 中村有紗 布川隼汰
ハレルヤまつこ 西岡ゆん 田中卓 葉石充 町田萌香/柴田理恵 上原多香子/宅間孝行

◆開催地◆ 東京・サンシャイン劇場ほか、札幌・富山・新潟・松本・福岡・島根・大阪・仙台・愛知

<映画くちづけ2013年公開)>

2010年に東京セレソンデラックス(2012年に解散)が初演し、24,000人を動員した舞台劇を、堤幸彦監督が映画化。東京セレソンデラックスの主宰であり原作・脚本も手がける宅間孝行が、映画の脚本も担当した。堤監督は舞台を見て、「単に笑って泣けてだけでなく、社会に喚起できる作品になる」と確信し、2013年、宅間との強力タッグが実現した。

主人公“マコ”を演じるのは、本作が映画初主演となる貫地谷しほり。“うーやん”役はもちろん宅間孝行。そしてマコの父親“いっぽん”には竹中直人。その他、実力派キャストが父と娘の優しくも切ない絆の物語を熱演する。

熊谷育美カヴァーによる主題歌「グッド・バイ・マイ・ラブ」が、感動の物語を優しく包み込む。

<公開日>2013年5月25日

<原作・脚本>宅間孝行 <監督>堤幸彦

<キャスト> 貫地谷しほり 竹中直人 宅間孝行 田畑智子 橋本愛 岡本麗 嶋田久作
麻生祐未

平田満 伊藤高史 谷川功 屋良学 尾畑美依奈 万田祐介

<企画・製作>キノフィルムズ <制作プロダクション>オフィスクレッシェンド

<配給>東映 ©2013「くちづけ」製作委員会

今回は待望の再再演。お楽しみに!

コメント

error: Content is protected !!