舞台「魔術士オーフェン はぐれ旅」キービジュアルついに公開!!

演劇ニュース
舞台「魔術士オーフェン はぐれ旅」キービジュアルついに公開!!         キャラクタービジュアルも近日公開!

 

1994年の第一巻が刊行以降、 様々なシリーズが発表され、 累計1,200万部を突破した秋田禎信によるライトノベル『魔術士オーフェン』、 その舞台版のキービジュアルが公開された。

『魔術士オーフェン』は1998年と1999年に、 二度にわたりアニメ化され、 現在も様々な作品のコミカライズが連載されるなど、 熱狂的なファンを生み続けるハイ・ファンタジー作品。 25周年を記念して、 昨年末に新たにアニメ化が発表されている。

 

アニメ版のキービジュアルを彷彿させるようなビジュアルは、 ファンの心躍らせるクオリティの高い仕上がりとなっている。 キャラクタービジュアルも近日公開予定。 舞台本番に向けてますますアツい夏となりそうだ。

『魔術士オーフェン はぐれ旅』公演概要
原作:秋田禎信『魔術士オーフェン はぐれ旅』(TOブックス刊)
脚本:吉田武寛(LIPS*S/ILLUMINUS)
演出:松多壱岱

■上演期間:2019年8月15日(木)~18日(日)
■上演会場:新宿村LIVE(〒169-0074東京都新宿区北新宿2-1-2新宿村CENTRAL地下2階)

■あらすじ
キエサルヒマ大陸の魔術士養成機関の最高峰《牙の塔》。
15歳の少年キリランシェロは、 そこで黒魔術士として将来を期待されていた。
しかし、 実験室で義姉アザリーが怪物に変貌した日から、 キリランシェロは名前と将来を捨て、 オーフェン<孤児>となったー。

それから5年後。
大陸南西部の都市トトカンタで、 オーフェンはもぐりの金貸しを営んでいた。 しかし、 債務者の地人ボルカン持ってきた儲け話に乗って、 名家エバーラスティン家を訪れた時、 彼は偶然にも一本の古剣と異形の怪物を目にする。

それは、 5年前のあの日に行方をくらませた「彼女」だった。
果たしてオーフェンは彼女を見つけ出し、 元の姿に戻すことはできるのかー。

■出演
オーフェン:松本慎也

クリーオウ:天音みほ
マジク:奥井那我人
ボルカン:西尾来人
ドーチン:中村悠希

キリランシェロ:上堂地かんき
フォルテ:小栗 諒
コミクロン:佐藤友咲
ハーティア:佐川大樹
レティシャ:千歳ゆう
コルゴン:木村優良
マリアベル:桃咲まゆ

アザリー:花奈澪

チャイルドマン:冨森ジャスティン

アンサンブル:松田浩毅、 樋口拓馬、 小田峻平(ASSH-Next)、 飯原優(ASSH-Next)、 宮ノ尾美友(ASSH-Next)

■上演タイムテーブル
8月15日(木)19:00
8月16日(金)14:30/19:00
8月17日(土)14:30/19:00
8月18日(日)12:30/16:30
■チケット料金(全席指定・税込)
S席(前方5列) 8,000円
A席 6,500円

■チケット取扱い
カンフェティ
【WEB予約】 http://www.confetti-web.com/orphen_stage
【TEL予約】0120-240-540(平日10:00~18:00) ※オペレーター対応
※抽選先行はWebのみの受付となります。

■公式Twitter: https://twitter.com/orphen_stage
■公式サイト: http://www.orphen-stage.com/
■お問い合わせ:stage.contact@gmail.com

■スタッフ
美術:照井旅詩 照明:小川幸一 音響:田中慎也 劇伴音楽:菅井裕典 (SASA PRO.) 映像制作:曾根久光(co:jin project) 映像オペレーター:菅井裕典 (SASA PRO.) 衣裳監修:西田さゆり 衣裳:及川千春(とわづくり) ヘアメイク:青山亜耶 小道具:矢花イサハル(MATE-REAL) 殺陣振付:小栗 諒 振付:新木美優 演出助手:小田峻平、 大塚侑子 舞台監督:中西隆雄
宣伝美術:尾花龍一(MONSTERS,INC) 宣伝カメラマン:遠山高広(MONSTERS,INC) 票券:島崎 翼
制作:style office、 秋山良介(De-LIGHT) 制作協力:井川楊枝 プロデューサー:米田 基、 小宮山薫
主催:舞台『魔術士オーフェン』製作委員会(style office/ILLUMINUS/ASSH)
(C)秋田禎信/TOブックス/舞台『魔術士オーフェン』製作委員会

コメント