【国立劇場】5月特別企画公演「神々の残照―伝統と創造のあわいに舞う―」2019年5月25日(土)

5月特別企画公演「神々の残照―伝統と創造のあわいに舞う―」

言葉~ひびく~身体Ⅰ
神々の残照-伝統と創造のあわいに舞う-

 国立劇場とアーツカウンシル東京は、ジャンル等の垣根を越えて広く舞踊(ダンス)の魅力にふれていただく、〈言葉~ひびく~身体〉を2019年よりスタートさせます。時に相和し、時に拮抗し、いにしえより影響を与え合いながら歩んできた「言葉と身体」をコンセプトに、現代に息づく語りや歌、そして舞踊(ダンス)が織り成す世界をご堪能いただきます。
 第1回目となる「神々の残照」では、「神」をキーワードに、日本舞踊、インド舞踊、トルコ舞踊、コンテンポラリーダンス(新作)を上演します。

【日本舞踊】
長唄 翁千歳三番叟(おきなせんざいさんばそう)
翁   尾上墨雪
千歳  花柳寿楽
三番叟 若柳吉蔵

地方=杵屋東成・杵屋勝禄 ほか
囃子=藤舎呂浩連中

【インド古典舞踊】
オディッシー
マンガラチャラン/バットゥ/パッラヴィ/パシャティ・ディシ・ディシ/モクシャ
小野雅子
シルシャ・ダッシュ
ラシュミー・バット
ビシュワ・ブーシャン・モハーパトラ

演奏=サンギータ・ゴーサイン
     ブッダナート・スワイン
     シュリニバス・サタパシー
     スワプネシュワル・チャクラボーティ
     クシティ・プラカッシュ・モハーパトラ

【トルコ舞踊】
メヴラーナ旋回舞踊〈セマー〉
トルコ共和国文化観光省所属 コンヤ・メヴラーナ楽団

【コンテンポラリーダンス】
構成・振付・演出=笠井叡 衣裳=萩野緑
マーラー作曲〈交響曲第五番〉と群読による
古事記祝典舞踊
いのちの海の声が聴こえる (新作初演)
テキスト=古事記~大八島国の生成と冥界降り~

 近藤良平・酒井はな・黒田育世・笠井叡/
 浅見裕子・上村なおか・笠井瑞丈/
 岡本優・小暮香帆・四戸由香・水越朋/
 〔群舞〕ペルセパッサ・オイリュトミー団/
 〔群読〕天使館朗唱団

コメント

error: Content is protected !!