【国立劇場】6月邦楽公演「日本音楽の流れⅢ ― 三味線 ―」2019年6月8日(土)

6月邦楽公演「日本音楽の流れⅢ ― 三味線 ―」

日本音楽の流れⅢ ― 三味線 ―

琉球三線 「十七八節(じゅうしちはちぶし)」
 歌三線=新垣俊道

地歌 「琉球組(りゅうきゅうぐみ)」
 歌三絃=菊央雄司

解説 三味線の種類
 新垣俊道(琉球三線)
 菊央雄司(地歌三味線)
 杵屋栄八郎(長唄三味線)
 清元栄吉(清元三味線)
 鶴澤藤蔵(義太夫三味線)

長唄 「越後獅子(えちごじし)」
 唄   =今藤政貴
 三味線=杵屋栄八郎
 囃  子=堅田新十郎  ほか

清元 「道行浮塒鷗(みちゆきうきねのともどり) ―お染―」
 浄瑠璃=清元清榮太夫
 三味線=清元栄吉    ほか

義太夫 「ひらかな盛衰記(ひらがなせいすいき) 逆櫓の段」
 浄瑠璃=竹本織太夫
 三味線=鶴澤藤蔵

解説 三味線のひろがり
 杵屋佐吉 ほか(古近江・豪絃)
 山中信人(津軽三味線)
 橋口晃一・寺原仁太(ごったん)

     新作委嘱初演 作曲=桑原ゆう
現代曲「降達小歌による 夢のうき世の、うき世の夢の」
 歌  Ⅰ=善竹富太郎・大藏基誠
 歌  Ⅱ=岡村慎太郎・田中奈央一
 歌  Ⅲ=松平敬・金沢青児
 三味線=本條秀慈郎

 解  説=野川美穂子(東京藝術大学講師)

(字幕表示がございます)

コメント

error: Content is protected !!